梅がほころび始めました

今日の熊本、復興イベントで熊本城マラソンが開催されました。
1万3千人が参加。
友人もフルマラソンに参加しましたが・・・
応援にはいかず、畑から応援しました。
歴史めぐりフルマラソンに約1万2千人、復興チャレンジファンランに約1500人が出場。7回目となったフルマラソン男子は古川大晃(熊本大)が優勝しました。
県外からの参加も沢山ありましたよ!
快晴で気温も高く、いいマラソン日和でした。
熊本城マラソン
【熊本城マラソン】熊本日日新聞提供
今日の熊本、昨日今日とお天気で気温は14℃ありました。
畑の近くの梅、やっとほころび始めました。
梅ほころび始めました
【梅ほころびはじめました】
やっと本格的な春です。
今日の畑仕事は、ジャガイモ植え付けです。
男爵、1.3Kg インカのめざめ0.5Kg。
男爵とインカのめざめ
【ジャガイモ植え付け】
先日畝を準備していましたので、短時間で済みました。
私は畑でいい汗をかきました。

今日のお昼ご飯に「黒豆ごはん」を持参しました。
黒豆ご飯
【黒豆ごはん】
ささげくんさんに教えて頂いた「黒豆ごはん」です。
初めて食べました。
黒豆をおこわに入れる習慣がなかったので初めての味わいです。
この豆はこの畑で採れた丹波の黒豆です。
この畑でとれたものを畑で味わう、畑を味わい尽くしています!!
スポンサーサイト

レモンの木を植えました

前々からレモンの木を植えたいと思っていましたが・・・
レモンイラスト

先日手に入れましたので法面に植えました。
南側の日当たりが良いところがいいらしいですが・・・
2年前の震災で崩落した法面に植えました。(北側)
未だにブルーシートを掛けています。
レモンの木
【レモンの木を購入】
法面に植えました
【法面に植えました】
此処には渋柿が3本と柊など植えていますが、未だ土壌が不安定なので何か植えて根を張ってほしいと思ってのことです。
台地の畑ですのでどこに植えたとしても風当たりは強いのです。
どこに植えるかの選択は難しいです。
そして、今日は春大根の畝を作りました。
播種は1週間後位にしたいと思います。
春大根の畝を作る
【春大根の畝を準備】ここには春大根とチャービルを播種しようかと思っています。
私の畑では第二弾の大根が生長中です。
第2弾の大根
【第2弾の大根】
1本だけ試し掘り
【試掘りです】
暖かくなればぐーんと大きくなるでしょう。
春大根までのつなぎです。
今年の失敗は春菊です。
「大葉春菊」と「サラダ春菊」を植えています。
播種時期が遅かったのと、厚蒔きで播種していたので・・・
まだまだ小さいです。
今日は「サラダ春菊」を間引いてきました。
厚蒔きの春菊
【サラダ春菊】
春菊を間引きました
【間引きして来ました】
間引き菜、明日朝食のサラダにしようと思います。

獣の仕業か?

今日は、久しぶりに気温が高くなったようです。
天気予報では3月上旬の気温だとか・・・・
気にかかっていることがあり、仕事後に台地の畑に向かいました。
ジャガイモの畝のマルチ張りです。先日、途中でストップしていましたので・・・
マルチ張を終わらせたく張ってきました。
畑に着くと、3か所畝が深く掘り下げられていました。
小さな獣の感じはなく大きなものが鼻で掘ったような感じです。
畝は元肥として発酵鶏糞と米糠を入れていましたので。。。
糠を狙ってきたのでしょうか?
近くの工場の人の話だと、この辺りでは狸、イノシシがいるという話でした。
となると、もう想像はつきます。
怖いですね。
何時出くわすか分かりません。
猛突進してきて牙が体に当たったら怪我をします。
ぼーっとして仕事はできないなぁ~と、改めて思いました。
遠くの畑、戦うものが多すぎます。
今日は写真を撮る余裕はなく写真なしです。

暖かくなると、仕事が沢山待っています。
月曜日に購入した「春大根」の種です。
昨年は2月18日に春大根の播種をしています。
春大根を植えよう
【春大根の種】
今年は未だ畝を準備していませんので遅れます。
私の畑では第2弾の大根が生長中です。
暖かくなればぐーっと大きくなると思います。

下は、先日収穫したラディシュのピクルスです。
ラディシュのピクルス
【ラディシュのピクルス】
ラディシュと小カブの小さいものを一緒に漬けこんでいます。
ほんのりピンク色です。
これはこれで美味しいのですが・・・・
私は、やっぱり生でピリッとしたラディシュの辛さが好きです。

又寒波が来る!異常ですね

地球は寒冷化に向かっているのか?
昨年のクリスマス頃から、北米大陸を襲った寒波、ナイアガラの滝が凍るほどの寒波、死者29人。
フランスでも昨年末から、大寒波にみまわれ最低気温-20℃、5人死亡。
パリ一帯では積雪により740Kmにも及ぶ大渋滞が発生、自家用車の中で過ごした人、2000人近くに上ったようです。
日本福井市で渋滞が起こりましたが20Km、パリの比ではないですが・・・
福井市では37年ぶりの豪雪のようです。
天災の備えはいつだって必要ですね。
「備えあれば憂いなし」
自分の身は自分でしか守れませんものね。
今の中に少しずつ備蓄しておくことも大事なのかもしれませんね。
食糧・水・防寒・排泄の対策など。。。。
地震の対策は身に着いた熊本の人間、寒波に関しての対策は身についていません。

今日の熊本、朝から雪がちらついていて、明日にかけて積雪の予報です。

下は昨日の畑の様子です。
昨日はニンニクの追肥とジャガイモの畝づくり目的で畑に出かけました。
最高気温5度までしか上がりませんでしたが・・・日差しがあるのでチャンスと思い仕事をしてきました。
ニンニクに追肥
【ニンニクに追肥】
ジャガ畝
【ジャガイモ栽培予定畝】資材が足らず途中終了。
私が畝を作っていると・・・ジョウビタキがくっついてきます。
おこぼれにあずかりたいのです。
ジョウビタキ
ナバナは生長が止まったかの様にしています。
生長遅いナバナ
【生長遅いナバナ】
玉ねぎの様子
【玉ねぎの様子】
下は昨日の収穫野菜です。
白菜・大根
【白菜・大根】白菜はどれも虫害があるようです。
博多カブと小カブ
【博多カブと小カブ】
青梗菜とラディッシュ
【青梗菜・ラディシュ】


パール柑、食べごろになりました

今日も、寒かったですね~。
節分というのにこんな寒さ初めてです。
畑のナバナも生長が遅いです。

暮れに収穫した「パール柑」
1ヶ月寝かし、やっと食べ頃になりました。
パール柑の栽培も初心者です。
パール柑食べごろ
【悪い例のパール柑です】
木は何本もありますので木によって実のつき方は違うのですが・・・
写真のものはどうも、白い果肉の部分が多すぎ実が少ないようです。
いいものはもっと皮目のところが薄いのですが・・・課題です。
食べるところより捨てるところが多いです。
ということで、初めて「パール柑の砂糖漬け」を作ってみました。
参考にした作り方は、八代の晩白柚を作っている農家の婦人の作り方です。
上手くいきました。
やっぱり作り方があるのですね。
今まで皮は全部捨てていました。
自分で言うのもなんですが、買ったもののように良いものに仕上がりました。
こんなに上手くいくなら、沢山作ってお裾分けできそうです。
パール柑の砂糖漬け
【パール柑の砂糖漬けの完成】
因みに作り方を紹介します。
 ①パール柑は実と皮に分けます。
 ②皮は黄色いところは剥き捨てます。
 ③次に白い部分を櫛形に切り分けます。
 ④熱湯を沸かしておき皮を茹でますが、この時酢を少量入れます。
  酢を入れ茹でると透き通った感じになります。
 ⑤ザルに上ゲ、水分を切っておく。
 ⑥鍋に茹でた皮を入れ、浸るくらいの水を注ぎます。
 ⑦③の重さを量っておき、その1.5倍の砂糖を⑥に入れます。
 ⑧汁気が無くなるまで煮詰めます。
 ⑨バットに広げ、グラニュー糖を掛けます。
 ⑩乾燥して出来上がり。(今日のような寒気が強い日は戸外で乾かすといいですよ)

種ジャガイモ購入
【ジャガイモの種】
そして、今日はジャガイモの種を購入しました。
植える場所は決めましたが、畝づくりは未だです。
明日にでも畝を作りたかったのですが・・・・
凄い寒波が襲来していますので、無理でしょうね!
中々思うようにいきません!
農作物の管理をしなくては。
いゃ~、今年の冬は寒すぎです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

agriotome

Author:agriotome
乙女台地に育った私。素材を引き出す加工品を作っていますが、自分で育てた安心なものを素材にしたいと農業にチャレンジしました。
今年は農業4年目ですが、毎年が初心者で頑張ります。

タグ、本文切り替えサーチ
 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR