今年の集大成

農業1年生の1年間の作物を紹介し1年を終わります。
来る年も良い年でありますように(^O^)/


◆今年成功した作物

今年の野菜一覧

◆失敗した作物

 大納言
 坊っちゃんかぼちゃ
 伊勢芋
 枇杷
 イチジク
 スダチ

◆今生育しているもの

 牛蒡
 ナバナ
 コリアンダー
 ほうれん草
 春菊
 大根
 蕗(自生)
 サヤエンドウ・スナップエンドウ

来年もがんばるモン・・・( (((走るくまもん2


スポンサーサイト

すだちのコンフィチュール

今年も、すだちのコンフィチュールを作りました。
生産農家でないとなかなか味わえない逸品です。
完熟のすだちを使います。
皮ごと使う方もいますが私は固い皮は使いたくないので除きます。
紅茶には、すだちのコンフィチュールがいいですね。
これはペクチンたっぷりなのでレモンは使いません。
(雑味が入ってしまいます)
すだち2
かぼすに比べすだちは種が少ないです
すだち完成2
     【すだちのコンフィチュール】

そしてもう1つ、ここ2~3年「介護餅」(この名前はテレビで名付けたのをそのまま使ってます)を作っています。
お正月のお餅を飲み込めない老人の為の餅です。
3年位前にテレビで紹介され、それから暮れには、飲み込むことが困難になってきた母の為にと、作っています。
テレビではうるち米+大和芋で作っていましたが、私はうるち米+もち米+大和芋で作ります。
これから作ることにしま~す。。

1年の終わりにデータ整理

農業1年生の私、今日は夕方から作物管理のデータを整理しています。
農業の先輩方に比べ全くと言っていいほど情報がありません。
1年に1回経験しそれを次年度に活かし繰り返していくのだけど・・。1年というスパンはあまりにも長い。
そんなに経験する程、若くはありませんし、私の土地が他の土地と同じ条件でもありません。

掃除をしていたら、「果樹の病害虫防除」の本がでてきました。途中で終わっているので最後まで目を通そうとおもいます。
今年は我が家の酢橘の実の付き方が悪かったのです。しかも、若葉がちじれたようになっているし、幹も少しおかしい?
来年は沢山実がつけばいいのですが~

今日は先日頂いたりんごで”アップルバター”を作りました。
蜜の回ったりんご2
りんごを5mm角位に刻み、鍋にレモン・砂糖を入れ混ぜて加熱する(水分が無くなるまで)
りんごを刻んだところ2
火を止め、バターを混ぜ、シナモンを入れる ⇒ 
      刻んだりんごが少しつぶれるくらいにミキサーにかける ⇒ 完成
アップルバター完成2
りんごジャムと比べ短時間で作るため、りんごの若々しい香りが残っています。
しかもバターは余熱で溶かす程度ですのでバターの芳醇な香りもあります。
トーストに塗って食しましたが口に入れた時の鼻に抜けるバターとりんごの香りが何とも言えません。
ゆうすけさん、試してみてくださいね。。

もう疲労困憊です

昨日は、畑の仕事・果樹剪定(兼業の私、もう一つの仕事が仕事納めなので)をし、体のあちらこちらが筋肉痛でもう疲労困憊です。
その上お酒を飲んだものだから・・・・
でも、Michiruさんから教えて頂いた「冷凍りんご」がお酒のあとにとても美味しかったで~す。。
今朝は、ベランダの小鳥のさえずりで目が覚めました。
ベランダの干し柿が、とんでもないことになっていました。
小鳥に襲われた干し柿です。(小鳥ではなかったかも?)

干柿2

お正月の準備

昨日、今年育てた丹波の黒大豆を炊きました。
いつもの年だと購入して重曹を使ったり、長く水につけたりと黒大豆炊きはとてもいやでしたが、
なんと、思い違いでした。
今までは購入した豆が古かったのです。
自分が作った豆は一晩水に浸漬し、普通に炊きあげました。
柔らかくふっくらしています。味は格別に違います。

スーパーの陳列台には11月に黒豆が並んでいます。
実際、私は6月上旬に植え付けし、収穫11月下旬、選別12月上旬。スーパーに並ぶわけがありません。他の土地のものだったら分かりませんが?
九州産ではあり得ません。
今になって気付きました。
黒豆2

師走のひと時

今日の午後はパール柑収穫です。パール柑は明けてからの収穫ですが、少しだけ収穫し、知人にお裾分けです。
パール柑は天草のパールラインが開通した時に出来た柑橘類、肌がパールのようにきめ細かいのでパールと名がついたと父が言っていました。
眩しい黄色い柑橘類を見ると元気になりませんか?
黄色いもの・・・そうそう、今日は私の畑の眼下に菜種の花が咲いていて、癒されました。
天気もよく師走とは思えないほど穏やかな日和でした。

パール柑3_edited-1
           パール柑
菜の花2
        いい日和です
江津湖2
         師走の江津湖
熊本市の江津湖(湧水の湖)では渡り鳥が沢山・・・・水浴びしています。
気忙しいひと時を忘れる光景でした。

宮城のりんご

親戚から(宮城のりんご園)「りんご」が届きました。
今年も良い出来だそうです。
蜜が回っています。
アップルバター、アップルパンプディングのレシピが入っていました。
震災以来、販売も大変だったと思います。
今年はセシウム合格しました、の一文が入っていなかったので、やっと安心した状態で販売出来ているのかと思いました。
九州の人は宮城のりんごといってもピンとこないようです。
それもそのはず、宮城では県内ほぼ全域でりんごがつくられていますが、市場に殆ど出荷されず、生産者が直接販売したり、直売所に出荷したりするからです。
宮城のりんごは樹上で完熟してから収穫されることが多く、あまり日持ちしないため、長期流通させられないのだそうです。その代り糖度が高く、味は抜群です。

そうそう、このりんごは「アップルバター」にしましょう。
宮城の林檎2

紅玉のりんごジャム

紅玉のりんごを沢山頂きジャムを作りました。
ピンク色でとてもきれいですよ。
色を出すためにりんごの皮を色づけに使います。
色がりんごに移ったら鍋から取り出します。
りんごだけだとペクチンが足りないのでレモン汁も入れます。(今回は輪切りにして入れました)
林檎
りんごの皮を取り出し煮詰めた状態
林檎2
このピンク色は紅玉だけ。
林檎ジャム完

黒大豆の収穫

6月8日に播種し、約6ヵ月の11月下旬収穫となる。
夏の間は虫に悩まされ(ホソヘリカメムシ、プチヒゲカメムシ)、9月半ば鞘に実が入りもうこれで虫との戦いも終わりかと思いきや、今度は豆につく虫(マメシンクイガ)に悩まされた。8月は多雨であったので少しは虫が例年より少なかったのでは・・・。(初めてのことで何とも)
薬はスミチオンとモートンを使用。回数に限度があり随分気を使った。
農業1年生で全てが手探りであった。
しかし、10月半ばにはビールのお供にと「黒豆の枝豆」は随分出番があった。
現在は11月下旬に収穫し、選別しているところ・・・・・。
今度はお正月の黒豆にと、御重を賑わします。
”まめまめしく働きますようにと・・・・”

   枝豆丸抜き
               【9月3日の様子】

   黒大豆
                 【選別途中】

柚子のコンフィチュール

先日、今年始めての柚子のコンフィチュールを作りました。
ちょっと苦みがあり、柚子そのもののペクチンでプリプリ、艶々に仕上がりました。
コンフィチュールはフルーツケーキに入れたり、紅茶に入れたりと楽しめます。

今日の熊本は寒気が降りて来ていて戸外は冷蔵庫の中の様です。
明日にかけて雪が降りそうなので収穫が出来なかった柚子が心配です。

柚子全体2

柚子コンフィチュール2

柚子の収穫

柚子の収穫は革の手袋をはめないと乙女の手を傷つけてしまいます。
なにしろトゲが鋭いのです。
12月に入りあまり日照が良くなく、阿蘇山からの灰も少しですが降ってきています。
いつもより色づきが悪いようです。
ですが、香り豊かです。
今日は柚子のコンフィチュールを作ることにします。

柚子2

パール柑も色づきはじめました。収穫は年明けてからです。

パール柑2

ナバナの栽培

ナバナの播種後14日の様子です。
九州の11月は温かくせっかく植えた若い芽(双葉)が虫に食われていました。
これから寒さに向かえば虫もいなくなるでしょうが、植える時期は結構難しいですね。
ナバナ2

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

agriotome

Author:agriotome
乙女台地に育った私。素材を引き出す加工品を作っていますが、自分で育てた安心なものを素材にしたいと農業にチャレンジしました。
今年は農業3年目ですが、毎年が初心者で頑張ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR