スナップエンドウ

もう4月も終わりですね。
4月5月は菜園をなさっている方はあわただしいですね。。
おまけに気温が高くなるものだから、害虫も出てきます。
このゴールデンウィークはお休みどころではない畑仕事に追われているという方が多いのでは・・・・
agriotomeも少しだけ菜園をします。
今計画しているのは、夏野菜の移植を少しと、花類(食用ひまわり、マリーゴールド)の種を蒔こうと思っています。

今日は、私の畑でコリアンダーの花が咲きました。
初めて見る花ですが可憐です。
コリアンダーの花
【コリアンダーの花】
コリアンダーは生葉も料理に使えますが、コリアンダーシードもこれまた、独特の香りでお菓子やパンにも合いそうです。
収穫は6月位になるのでしょうか?
6月にシードを紹介できたらと思います。(あの独特な香のするハーブの花はどんな香りだろう・・・? 花の香りを嗅ぐのを忘れました)

一方、心配していたサヤエンドウ少量だけ実がついていました。そして、その近くに栽培しているスナップエンドウには害虫の被害はなかったようです。
来年は早め早めの対応をしなければと、思った次第です。
サヤエンドウ2
【サヤエンドウ】
スナップエンドウ2
【スナップエンドウ】
ビールに合いますね。。(^^♪
スポンサーサイト

試練です

害虫にやられたサヤエンドウ

25日、写真に撮ったサヤエンドウの様子です。
どうも生育がおかしいと思っていました。
「ナモグリバエ」にやられました。
サヤエンドウ2
作物は結実するまでわかりませんね。。
この台地は周辺耕作放棄地が多く、害虫の害があると思いながら作物を作っています。
薬を使わないとすれば、「コンパニオンプランツ」など考えながら被害を最小限にしつつ、栽培しなければならないのでしょうか。
薬を使わないと手間がかかりますね。。
農家の方が薬を使うのがわかります。

善林六朗氏の記事参照
初期症状
緑色の葉が白い線を描いたように食害される。
進行したとき
多数の葉が白く見えるほど食害され、株の生育が悪くなる。
ハモグリバエは、主に野菜や草花に寄生する害虫です。小さなハエである成虫は、葉の組織中に卵を産み、ふ化したウジ状の幼虫はそこで成長し、やがて俵形の蛹(さなぎ)になり、その後、成虫になります。
▼どんな被害が起こる?
 幼虫が葉の内部を蛇行しながらトンネル状に食害するため、緑色の葉にあたかも白い線を描いたようになります。それゆえ、エカキムシとも呼ばれます。
 多数の葉が白く見えるほど食害がひどくなると、株の生育は悪くなり、野菜では収量と品質が低下し、草花では著しく観賞価値を損ないます。
▼よく見るハモグリバエ
 ハモグリバエは多くの種類がいますが、春はナモグリバエの発生が目立ちます。成虫は灰色で、灰褐色の幼虫は葉中で成長し淡褐色の蛹になります。晩春以降には、近年海外から侵入したと思われるマメハモグリバエ、トマトハモグリバエ、ナスハモグリバエなどの発生がふえます。いずれも形状が似ており、成虫は体の大部分が黒色で、頭など一部が黄色です。幼虫は黄褐色で、成長すると葉から脱出し、地表や葉上で蛹になります。
▼一般的な防除の方法
 最も効果的な方法は殺虫剤の使用で、食害痕の発生初期から薬液を散布します。予防のため、タネまき時や苗の植えつけ時に粒剤をまくのもかなり有効です。
 なお、苗や鉢花を購入するときは、被害のないものを選ぶことが大切です。これに加え、殺虫剤を使いたくない場合は、目の細かい防虫ネットで植物を覆う、成虫を誘引し捕殺する黄色粘着板を吊り下げるなどの方法も有効です。このほか、食害された葉の摘み取りも考えられますが、多くの葉に一斉に産卵されている場合が多く、ほとんど効果はありません。


写真のように、これだけ被害に遭ったら効果がないでしょうね。。


ルバーブに似た「蕗ジャム」

今日は随分気温が高くなりました、夏日のところもありましたね。
もう蕗も最後の収穫かと思います。
毎年「蕗ジャム」を作っていますが、今日はいいものができました。
普通の緑の蕗ですが、仕上がりがまるで「ルバーブ」なのです。
これには驚きました。
何故かといいますと、私はこの九州の地でルバーブを育てたいと思っています。
ルバーブは暖かいところでは難しいのではと躊躇しているのです。
そのルバーブに似た色が出ました。
普通のジャムの作り方と一緒なのですが、ペクチンが蕗には無いのでレモンを多めに使いました。
するとどうでしょう・・・ピンクの色になってきました。
実際のルバーブは紅の濃い色ですので濃さはかなり違いますが似た色がでて嬉しいです。
蕗ジャム完成
【蕗ジャム】・・茹でた蕗、レモン、砂糖
蕗佃煮2
【蕗佃煮】・・・蕗、だし汁、醤油、味醂、砂糖、紫蘇の実

ブラックベリーの移植

今朝、ブラックベリーの苗が到着。
1年待ちました。
去年植えたかったのですが、時期が悪く今日になってしまいました。
遠路をやって来てくれました。
夕方の移植になりました。
特に注意点は無いようですが、水はけが良い所が望ましい。と、書いてあります。
私の土地は粘性で、覆土が20c位です。
上手く育てば良いのですが.......
201504252102340b2.jpg
移植後の様子は、夕暮れになり写真が上手く撮れず、後日upしたいと思います。
今日は19:00まで作業をしました。
九州だからこの時間までできるのでしょうね....
4月5 日に播種したバジル、4月11日に播種したオクラやっと発芽しました。
201504252248028dd.jpg
【バジルの発芽】
201504260832063d3.jpg
【オクラの発芽】



初心者のジャガイモ植え

初心者の「じゃがいも植え」の考察(中九州)

初心者(agriotome)のジャガイモ植えを紹介します。
畑は植え付けの2週間前までにあら起こしし、ph調整をする。
畝づくりをし、畝の中央を深さ15cぐらいの溝をつけ、元肥を施した後、5c位埋め戻す。芋は2~3日前に半分または1/4にカットし、陽にあてて緑化、切り口を乾燥させる。(早く芽が出る)
盛り上げた土を埋め戻す。芋を30c間隔に並べ、芋は切り口を下にする。5c位覆土し、切わら、枯草を敷く。
ジャガイモの芽がでて5c位になったら、2本を残し間引く(芽欠き)。
間引きが終わったころ、株元に1回目(①)の追肥と土寄せをする。
その15日後30c位に株が伸びたころ2回目(②)の追肥と土寄せ。
(私は今まで追肥をしていなかったのです、今年は忠実にやって育てています。)
ジャガイモ絵

土寄せ不足だと、芋が露出して緑化してします。
(芋は上に上に芋ができていくらしく土寄せは大事です)
茎葉が黄色くなったころ、晴れた日に収穫する。
収穫した芋は日陰で乾かす。

以上が私の考察ですが、今度の休みに2度目の土寄せをしようと思っています。
兼業だと中々思った日に作業ができなかったりです。
今年は、沢山の方にアドバイス頂き、収穫が楽しみです。

又、今日明日中には「ブラックベリー」の苗が届き、今月末か5月上旬には「ブラックベリー」を植えようと思っています。
土の準備はこれからなのですが、大丈夫でしょうか?

台地の畑の様子

今日は良い天気でちょっと動くとすごく汗ばむような良い天気でした。
これから初夏にかけての畑仕事が思いやられます。
憂鬱な日々が続きます。
2年前のちょうど今頃アシナガバチに4月と6月2度も刺されました。
最近は畑仕事には必ず黒いネットをすっぽり被ります。
そして日焼け対策!
畑仕事の準備もさることながら、蜂対策、日焼け対策、もう大変です。。

畑の作物たちは順調に育っています。
ジャガイモは追肥をし、土寄せをしました。
201504182045558da.jpg
セロリも随分大きくなりました。
201504182046499e2.jpg
そして、コリアンダーはもう花をつけそうです。
初めて見る花が楽しみです。
20150418204622f2b.jpg
今日はオクラの播種をしました。
昨年、1穴に4本立ちで育てましたが、良くできたので今年も同じ方法です。
収穫に度々畑に足を運べないagriotomeにはこの方法が良いかと。。
樹勢が程よくあまり大きくならず小さく柔らかいオクラが収穫できます。
それにこの乾燥台地、マルチが乾燥も防いでくれているようです。
今年は黒マルチと緑のマルチにしました。
緑のマルチが少しは温度を抑えてくれるのでしょうか?(お試しです)

もうすっかり、春真っ只中。

2月下旬から収穫していた「ナバナ」が満開で菜種畑となり、蜜蜂、紋白蝶がいっぱい飛び交っていました。
久し振りに 、蜜蜂がブンブン音を立てるのを聞いた感じです。
何年振りでしょう。ひょっとしたら、小学校以来かもしれません。。
随分、慌ただしく暮らしていたものです。
20150413002526dd0.jpg
昨日、ナバナの右列に「オクラ」を植えるマルチを貼りました。
ナバナの左列には「バジル」を4月5日に播種しています。自家採取の種ですが上手く発芽するでしょうか?
株が繁茂するので穴は1条にしました。
いいバジルの葉が採れればいいのですが?

枇杷も袋をかける季節となり 今日、袋がけをしました。
いつの間にか春真っ只中です。
花もいっぱい、虫もいっぱい、雑草もいっぱいです。
20150412230614e71.jpg

雑草との戦いが今年も始まる

私の回りの農家の方の畑を見ると草1本なく綺麗に耕してあります。しかも何も植えてない、植えてあっても自家消費野菜を少しだけ・・・
とても畑がきれい。きれいな畑を眺めるのが好きなのでしょうー。
私は眺めるより、体にいいものを育てたい!
これから先、年を重ねればますます草取りは腰にきます。(出来たら草取りしたくないagriotomeです)
雑草は野菜作りに効果はないのか?
効果もあるようです。
土の乾燥が防げる、雨による土の跳ね返りが防げる、害虫の被害がへる、など。

最近、とても忙しく雑草が取れない時があります。
そんな時、
野菜回りだけを綺麗に草をとる。
そして雑草が異常に成長したものを優先的にとる・・・
はたしてこれでいいのやらと自問自答です。
野菜と雑草が共存できればいいのですが?

昨年は防草シートをかぎ型に貼りました。
これは畑で作業し易いように。一輪車などで肥料などを運ぶため、そして除草の為です。今年は又、進化したいと考えています。

今日は夕方畑を観察してきました。
最近の気温の変化でせっかく伸びていたエンドウ豆の先が霜にやられていました。
そのほかの野菜は元気ですが、雑草に埋もれていました。
観察しているうちにとうとう雨が降り出しました。
菜種梅雨ですね。。
さやえんどう
【霜にやられたエンドウ】
セロリ
【セロリ】
じゃがいも
【3月11日に植えたジャガイモ】
ごぼう
【ごぼう】
コリアンダー
【コリアンダー】

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

agriotome

Author:agriotome
乙女台地に育った私。素材を引き出す加工品を作っていますが、自分で育てた安心なものを素材にしたいと農業にチャレンジしました。
今年は農業3年目ですが、毎年が初心者で頑張ります。

タグ、本文切り替えサーチ
 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR