ヒヨドリの襲来

今年も台地の畑が鳥の楽園になっていました。
この季節は週1回の農作業では危ないです。ヒヨドリに狙われています。
野菜たちが無残な姿に、もうびっくりです。(@_@;)
今日は午前中の中に畑に到着したのですが・・・・
畑の奥の方に黒い塊が無数にあるではありませんか?
ヒヨドリの大群です。
先週、私が畑に糠を蒔いたものだから、これはご馳走とたかっていたのでしょう。
考えてみれば、私の畑はナバナが沢山植えてあるし、糠はあるしで食糧基地になっていたのでしょう。
被害に遭ったナバナ
【狙われたナバナ】
遅まきのナバナ
【遅蒔きのナバナも】
被害に遭ったエンドウ豆
【エンドウ豆もが】
防鳥ネットを張ってないものも、全て張りました。
遅かりしですが・・・
最小限に食い止めなければ!
エンドウ豆類もすっかり蔓だけになり、かわいそうな姿です。(先週やっと不織布を外したところだったのに)

そういうわけで、急遽作業変更、腐葉土作りがまた遅れます。
今日はブロック、鶏糞を運んだだけでした。
腐葉土作りの準備
すっかり、ヒヨドリに振り回されました。
この季節は、週に2回は警邏です。
去年の失敗が活かされていないagriotomeでした。
畑に居座ったヒヨドリのコピー
私が畑を退散するころには、もうたかっていました。
スポンサーサイト

チャレンジしたい腐葉土作り

チャレンジしたい腐葉土作り←これからです(JA田川さんのhpを参照しました)
1. 落ち葉の種類
 腐葉土作りに向く落ち葉・・・・・・クヌギ、ナラ、ケヤキ、ポプラ
 腐葉土作りに向かない落ち葉・・イチョウ、クス、カキ、モチ、サクラ等の広葉樹
                     スギ、マツ、ヒノキ、カヤ等の針葉樹
 ※落ち葉堆肥に不向きな落ち葉とは、水分が多かったり樹脂分が含まれ腐れにくい物、
   落ち葉に含まれる成分に植物の発芽や成長を阻害する物質を含んでいる樹種があるのでそういった葉は使用しないこと。
2.準備するもの
 ●大量の落ち葉
 ●囲い・・・ベニア板、木のわく(通気性のよいもの、空気の抜け道が必要)
  (私の場合ブロックが簡単なのかなぁと考えました。3段ぐらいは積まないといけないでしょうか?
  それとも、少し下に掘り下げ2段でもいいかもしれません。体力と相談しながら・・)

 ●米ぬか又は牛糞(私は米糠と発酵鶏糞にしようと思います)
  私の場合 落ち葉:米糠:発酵鶏糞を1:1:1にしようかと思っています 発酵促進のために使います。
  使わなくてもよいのですが、発酵に時間がかかります。
 ●水がいりますね(水分70%位)
 ●ビニールシート・・・ブルーシートで可
  落ち葉の上にかぶせます。
3.腐葉土作りの手順
  腐葉土絵

 畑にブロックを配置
  私はブロック2段20c×2で40cm(高さ)にしようと思います
1)落ち葉を、枠の中に厚さ20cm程度となるよう水平に敷く。
   ↓
2)その上に米ぬかや牛糞を敷き詰め同時に苦土石灰とようりんも振りまく。
   ↓
3)水を入れて踏み固める。

上記の作業を4、5回繰り返し行ったら、雨にさらされないように上からブルーシート等をかけ発酵させます。(降雨により、水分過剰で発酵の停止予防、養分の流亡停止、発行を促進させる為に覆いを必ず行う)空気が不足すると落ち葉が腐敗し1ヶ月後発酵温度が上がったのを確かめ、スコップ等で外側と内側を入れ換え、切り返しを行う。(好気性菌と嫌気性菌による分解を行う)この作業を1ヶ月に1度行い約8ヶ月後には、落ち葉堆肥が完成します。夏場であれば5ヶ月程度で完成する。
※落ち葉堆肥は、作り方や分量はさまざまです。発酵が上手くいかずに腐ってしまうこともあります。発酵中の落ち葉は50度ほどになりますので、こまめに温度を測って発酵しているか確認してください。

初めての腐葉土作り、水分の状態と踏み込み方が心配です。又台地にポリタンクで水分を運ぶ必要があります。課題が多いですがともあれ、チャレンジです!

ナバナの辛し和え

未だ、気温は低い日が続いていますが・・・
もうすっかり、春ですね。
口から、目から少しずつ春を感じています。
きのう台地の畑から、少しだけナバナを収穫してきました。
ナバナ初物です
【ナバナ初物です】
ナバナの辛子和え2
【ナバナの辛子和え】
ヒヨドリにもつまみ食いされず、無事に育っていました。
今年もこの苦味を頂くことができました。
もう、色々な苦みを口にしましたので、私の体内の毒素も随分放出されたことでしょう。
少しはましな体になったでしょうか?

     「梅一輪一輪ずつの暖かさ」
梅の花1輪ずつの暖かさ

春ですね!1週間ぶりの台地です

1週間ぶりの畑です、1週間ぶりといっても先週は観察のみでした。
ナバナは大きくなっていました。今月末には収穫出来るかもしれませんね。
ナバナ21日
【ナバナ】
エンドウ豆類は不織布を外し、サラダ菜もトンネルを外しました。
エンドウ豆類21日
上からソラマメ、エンドウ豆、サヤエンドウ、スナップエンドウ。(これに不織布をかけていました)
一番下、スナップエンドウ。(これは不織布はかけていませんでした)
写真は無いですが、支柱を立ててきました。
サラダ菜、ほうれん草、ちょっと気温が上がっていたようでクタクタになっていました。(トンネルをはずしました)
サラダ菜21日
【サラダ菜】
エシャレット最新
【エシャレット】
作業をしていると辺りから、梅の花のいい香りが漂ってきます。
もうすっかり春です。
梅の花21日
【梅の花】
ボケの花最新
【ボケの花】
なんといっても日差しが違います。まぶしくなりました。
午後からの農作業で4時間も頑張りました。久しぶりに仕事をしたのでくたくたです。
今日は栄養ドリンクを飲まないと筋肉疲労が辛いです。

今日は先取りでナバナを少し収穫してきました。
ナバナの辛子和えは美味しいですね。
明日にでも作りましょう。


農作業お休みです

今日は雨模様、週末農民も休みです。
偶然にも昨日からpcの調子が悪く、今日は復旧に1日かかりました。
最初は、メーカーのサポートセンターで初期化しないと無理だろと言われていたのですが・・・・
どうにか初期化せずに済み一段落です。
正月からタブレット、プリンタと不具合続き、そしてpc。。
いやはや機器はいつ何時不具合おこすやら・・
今日は復旧作業をしながら、お友達から頂いた黒糖を使い、畑で採れた大納言の「ぜんざい」を作りました。
沖縄も縦に長く、色々なものがあると知りました。黒糖がどんな料理に合うのか?
黒糖
【沖縄の黒糖】
みやらび・・・・今帰仁村(なきじんそん)でとれたもの   黒糖100%
粉黒糖 ・・・・・南風原町(はえばるちょう)でとれたもの 粗糖と黒糖ミックス
黒ザーター・・・加工所が浦添市               黒糖100%
ぜんざい
【黒糖入りぜんざい】
今日は黒ザーターを使ってみました。黒ザーターはサーターアンダギー、ぜんざい、クッキーによいとあります。白砂糖プラスこの黒ザーターで味を付けました。
黒糖を入れることで味に深みが出ますね。。
とても美味しいです。
口の中が口福(しあわせ)です。

自分の育てたもので加工品作りを目指していますが、私の目標を周りに公言しておくことは大事です、色々な情報が入ってきます。
「高きに登るには低きよりす」です。
あぁ・・そぅそぅ、春になったら登山も・・・・

パール柑の発祥の地へ

今日の日中は18℃もありました。
嬉しい日和です。
パール柑の発祥の地、天草へ出かけました。途中、対岸の長崎の普賢岳が見えます。
普賢岳
【対岸の普賢岳が見えます】
とても、長崎が近くに感じます。
物産館には、ここで育つ柑橘類がいっぱいです。
柑橘類はどうも南国の果物のようですね。
日中 気温の寒暖差からこの美味しさは生まれるのでしょう。
私も物産館で「はるか」を購入。
物産館
【物産館】
柑橘類の種類
【沢山の柑橘類が採れます】
はるか
【はるか】
皮はレモンの様な色ですが、酸っぱいと思い口に含んだのですが、甘いこと甘いこと。
こんな糖度のある柑橘は初めてでした。
家にも以前、父が植えた「はるか」があったのですが、口に入れることなく木は無くなってしまいました。隣地との境界近くに植えていたのが悪かったのでしょう。
作物に対する考え方が違う方が隣地にいると育てるのはとても難しいですね。。
物産館にはパール柑も沢山陳列してありましたが、肌をみながら、「私のパール柑が綺麗」と思いながら眺めていました。
なんといってもパール柑ですから、真珠のような肌をしていないといけません。
又、来年はもっといいものを栽培しようと思いながら物産館を後にしました。
昼ごはん
【2号橋近くのお店】
お昼は天草に来て新しいお魚を食べないなんて・・・
ということで、魚にしました。
熊本市内からここまで2時間位ですが、新鮮な新しいものには車の運転も辛抱できます。
結局、新鮮で安心な魚、果物、野菜が好きだということでしょうか?

すっかり春めいてきました

畑の近くの梅園ではもう、梅の花が咲いていました。
熊本は春の気配です。(写真撮り忘れ)
私の台地の畑では春の気配はナバナでしか感じ取ることができません。
2月下旬収穫を目指していますが、成長がかなり遅いです。
暖かくなることを期待したいですね。。

昨日は農作業後(ナバナ)に追肥をしましたが・・・。
写真は退散直前に撮影しました。
午後6時の撮影でやっと撮ることができました。
暗すぎてちょっと分かりませんネ。。(反省)
ナバナ6日の様子
【2月6日のナバナの様子】
ニンニク6日様子
【2月6日ニンニクの様子】
エンドウ豆6日様子
【2月6日エンドウ豆の様子】
玉ねぎ(晩生)も畑のジッチさんのアドバイスで2度目の追肥が出来ました。
一安心です。

昨年植えた苺の様子もupしたかったのですが、暗がりではどうしようもなく又ご紹介します。ヽ(´∀`)ノ

久しぶりの台地(再up)

31日の台地の畑の様子です。
アクシデントのため削除になってしまい再アップです。
寒波後、久しぶりの台地の畑ですが、作物は元気でした。
20160131170646ad4.jpeg
【ナバナに防鳥ネット】
2016013117311203d.jpeg
【遅まきのナバナにHB101を施す】
20160131182055bae.jpeg
【春菊の様子】
31日の収穫物
【31日の収穫物】

※コメント頂いていた方にはお詫び申し上げます

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

agriotome

Author:agriotome
乙女台地に育った私。素材を引き出す加工品を作っていますが、自分で育てた安心なものを素材にしたいと農業にチャレンジしました。
今年は農業3年目ですが、毎年が初心者で頑張ります。

タグ、本文切り替えサーチ
 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR