月桂樹の移植

12月になりましたね。
私は、2014年の12月にブログを始めましたので、今月で4年目突入です。
毎年試練との戦いです。
初心者なのに、容赦ない自然の仕業も。。。
今年は上手くいっても来年上手くいくとは限らないのです。
毎年がチャレンジャーで頑張っています。
下の写真は、記念樹で植えた「蘇鉄」。「蘇鉄」は生長が遅いので 4年目になりますが、まだまだ小さいです。
4年目の蘇鉄
【ブログ始めた時に植えた記念樹:ソテツ】
この大きさのものがあと3本、全部で4本です。
もう少し大きくなったら、南側の里道沿いに移植するつもりです。
私の希望する大きさになるのは????たぶん目にすることはできないと思います。
きっと、娘たちは、ここでお婆さんが菜園をしてたのよ。なんて・・・・

昨日嬉しいことがありました。
山梨の「果樹園の昼寝」ROMIさんから、月桂樹の贈り物がありました。
月桂樹
【月桂樹の贈り物、ローズマリーも有ります】
私が月桂樹を植えたいといったばかりに、送ってくださいました。
早速、今日は移植です。
月桂樹の移植
【月桂樹の移植】
北側の災害に遭った法面側に植えました。
昨年の災害時、被害を凄く心配してくださいました。
復興には時間がかかります。
何時か、月桂樹やブラックベリーで賑やかな果樹園にしたいと・・・・
夢は膨らんでいます。
何時かお見せしたいものです。

今日は、今年最後の播種、「ライムギ」を播種しました。
緑肥目的です。
本当はオートかエン麦にしたかったのですが・・・種が手に入らず、「ライムギ」にしました。
少し播種がおそくなりましたが・・・・・・
今日農家の方が小麦の播種をトラクターでされているのをみましたので、まっいいか!と思い播種です。
何でもやってみないと分かりませんものねー。
ライムギ
【ライムギの播種】
今日も作業をしていると私の回りをジョウビタキがキッツ、キッツと騒だりして・・・
穏やかな日和の一日でした。

今日の収穫物
【今日の収穫物です】・・・大根、博多カブ、ターサイなど

あおし柿を作る

沢山の渋柿を収穫しましたので・・・・
一部を「あおし柿」としました。
熊本では渋を抜いた柿を「あおし柿」といいます。
母が作っていたものを見よう見まねです。

渋柿のへたをとり、へたが浸るくらいの皿に焼酎を入れ暫く浸します。
暫くと書きましたが・・私は心配でしたので1分位浸したと思います。
そして、柿全部をビニール袋にいれビニールの口を固く縛り3~4日暖かいところに置きます。(この時使った焼酎はビニール袋の中に一緒に回しいれます)
出来上がった柿は渋が抜け、甘さが増しています。
甘柿の甘さとはまた違った、しっとりとした甘さです。
とってもおいしいですよ!
母の味です。
昔の人は少しも無駄にしなかったのですね~。
あおし柿
【あおし柿】
そして、この時期は丹波黒豆の収穫時期でもあります。
先日、霧雨の中を収穫しておきました。
やっと鞘から出すことができました。
上出来です。
大きな豆です。
今年は、丹波黒豆を播種した時から、ずーっと防虫ネットをしていました。
勿論、収穫までです。
追肥を施した時にネットを開けたぐらいです。
丹波黒豆は自家受粉なのでずーっとネットすることが可能なのですね。
(ささげくんさんに教えていただきました)
私の回りでは、黒豆は虫がつくから栽培したくないと良く聞きます。
当然、発芽時期から収穫時期まで虫に狙われます。
これを生業にしている方は、全てにネットを掛けるのは無理ですので、農薬を使っています。
出回っている黒豆は薬漬けです。
家庭菜園だから出来ることです。
丹波黒豆の収穫
【丹波黒豆の収穫】
今年の暮れも安心な黒豆を炊くことができます。
畑の恵みに感謝です。

渋柿の収穫

初冬になり、野菜の播種も終わったが・・・・、まだまだやることが多いのです。
果樹の手入れは進まずですが・・・
今日は渋柿の収穫です。
霧雨の中強行しました。
渋柿3本、今年は豊作ではないですが、これだけ採れました。
渋柿の収穫
【渋柿の収穫】
これはこれで、又干し柿にするのに、時間を作らなければ・・・・
収穫した柿は知人やら友達にお裾分け。
1人には多すぎます。
娘は首をなが~くしてまっていますが、それでもそんなには要りません。
暫くは夜なべ仕事が続きます。
私の畑は里道に面していますが、ここにきてやっと災害で崩落した里道の修復が終わったようです。
下の写真は私の畑から里道側(南側)を撮影したものです。
里道の修復も終わる
【南側の里道の修復も終わる】
これからはこの風景が寒々しい風景へと変わっていきます。
私の畑では、雨の恵みを受けターサイ、白菜など生長しつつあります。
春菊が成長遅く首をなが~くして待っているところです。
最近は鍋には間に合わす、専ら購入です。
菜園をしていながら、情けないことです。
白菜の様子
【白菜26日の様子】
ターサイ
【ターサイの様子】
チンゲンサイ
【チンゲン菜の様子】何時食することができるでしょうか??

エンドウ類の播種日でした

今日も寒い一日でした。
台地は風が強く、北斜面にかけているブルーシートが飛ばされていました。
畑は、先日の寒さで夏草などは枯れ、里芋も霜にやれていました。
すっかり冬の様相です。
先日の寒さにやられた里芋
【先日の寒さにやられた里芋】
今日の畑作業は、豆類の播種でした。
やっと播種できました。
エンドウ豆類
【エンドウ豆類の播種】
その後、苺の移植をしましたが・・・・一部しか出来ず。。。。
苺は花が着き実も沢山なったりしていましたが・・・
出遅れていため、仕方無しの移植です。
苺は12月と5月に収穫できるのです。
12月は諦めています。
夕方になり、寒さも強くなり、これ以上は危険と退散しました。
北側の法面には渋柿3本、葉が落ちてましい実だけがプラリプラリとしています。
鳥たちに啄ばまれたりしていますが・・・・
渋柿は、今度の日曜日に収穫予定です。
この寒さですので、きっといい干し柿ができることでしょう。
また、妄想してしまいました。

そして、先日間違い種の「蕪の種」、はつか大根ではと思うほど丸くならない・・・・
今日間引きしましたら、やっと丸くなっていました。
種屋さんの名誉のために、初心者の判断の誤りでした。
皆様にもご心配おかけしました!
これだと、暮れには食することが出来そうです。
博多カブの間引き
【博多カブの間引き】

初冬の江津湖

今日の熊本市、非常に寒い一日でした。
それもそのはず、阿蘇山に初冠雪です。
市内もぐっと冷え込んでいます。
熊本市・江津湖(湧水湖)
【初冬の江津湖】
江津湖の渡り鳥
【江津湖の渡り鳥】
熊本市江津湖(湧水湖)は、この季節には渡り鳥達で一杯です。
江津湖に朝靄が立ち込めるようになると、写真愛好家の姿も見えるようになるのですよ。
湧水湖と靄そして渡り鳥、絵になるのでしょうね。

エンドウ豆類の畝のマルチ張り
【エンドウ用のマルチ張り】
今日は台地に午後から向かい、エンドウ豆類のマルチを張ってきました。
穴を開口し、播種してきても良かったのですが・・・・
昨日の疲れが尾を引いていて・・・
それに、私の畑(台地の畑)も寒風が吹いていましたので・・・こんなところに長居はできないと退散したのでした。
次の祭日にでも播種することにします。
白菜の様子2
【白菜の様子】
第二弾大根の様子2
【白菜奥の第2弾の大根】

自分にチャレンジ!!

かねてより参加しようと思っていた、「日本一の石段の里」熊本県の美里町のアタック・ザ・日本一に参加してきました。
SN3S0005.jpg
【会場】
仮装出場者
【仮装出場者】
3333段の石段を登ってきました。
朝方雨が降っていましたので、雨の中のレースになると不安でしたが・・・
会場に着くと雨は止んでいました。
レースといいますが、私は徒歩です。
このレースの良さは人と争わない、自分にチャレンジということです。
私の場合は体力テストなのです。
昨年は地震災害の為開催ならず、2年ぶりです。
3333段、半端ではありません。
いざ出発
【いざ出発】
ハーフコースとフルコースですが、フルコースにチャレンジです。
一番つらいのはちょうど半分どころなのです。
これを超えれば頂上までいけます。
1500段地点
【1500段地点】
途中にいくつか休憩所があり、美里町の方の御接待もありました。
頂点が見え始めました
【頂上が見え始めました】
頂上では、アイスのご褒美!
梨のアイスの美味しいこと。
会場では、救護班や救急車も待機していましたが・・・事故は無く無事に皆さん下ることができたようです。
私も、これといって怪我もなく無事帰ってきました。
今年は、登山用のストックを持っていきました。
かなり足への負担を和らげることが出来たようです。
目標達成でき、未だ体に自信がもてました。
いつも畑仕事とウォーキングでこれといって運動をしていませんでしたので納得の結果でした。
タイムは2時間58分45秒(30分位休憩してますけど・・・)
今日はいい眠りにつけます。。

銀杏の黄色が眩しい

夕暮れ前、銀杏の黄色が眩しい。。。。。
これは熊本県庁の銀杏です。
熊本県庁の銀杏

県庁プロムナード
【熊本県庁プロムナード】
熊本城の事を、別名銀杏城といいます。
熊本市内の路面電車沿いには銀杏の木がいっぱいで晩秋から立冬ごろはとても綺麗です。
今日(15日)の熊本県庁も、落ちたばかりの銀杏の葉の絨毯がきれいです。
写真を撮る人、落ち葉と戯れる子供たちがいました。
私も、黄色の真新しい絨毯を踏みしめてきました。
県庁の銀杏にも何本か雌木もあるようです。
写真の銀杏の実は別のところの実です。
頂きものです。
銀杏の実
電子レンジで簡単に皮を剥くことが出来ると聞きましたので、やってみようと思います。
芽キャベツ芽欠き
【芽キャベツ芽欠き】
上の写真は、昨日、台地の畑から、芽キャベツの芽欠きをしてきたものです。
葉欠きを始める頃、株元から10節くらいまである形の悪いものは早めに摘み取ってしまう(摘果)らしいです。全くやっていませんでした。
折角、畑のジッチさんに教えていただいたのに、ズボラしていました。
葉欠きのタイミングも芽が1cm位まで成長してから・・・みたいです。
芽欠きしたもの、結球していませんが、お料理に使います。
大事なだいじな芽キャベツです。。。。
これから、綺麗に結球できたら、シチュウでも作ります。

再播種の蕪

昨日、寒さに向かうというのに、蕪の種を再播種しました。
種に悩まされている昨今です。
「瓢箪から駒」ならいいのですが・・・
「蕪から変な大根」!?!?
失敗の種はア〇〇ヤの種でした。
今度は名の通った種屋さんの種です。
今度こそです。
再播種のカブ
【再播種の蕪】
畑では丹波黒豆が枯れてきています。
今年は発芽から収穫までネットでずーっと育てました。
害虫にも合わずいい豆になっているでしょう。
枯れ始めた丹波黒豆
【丹波黒豆が枯れてきました】
そして、いつも元気なパクチーです。
いつも元気なバクチ―
【パクチーの様子】
出荷できそうなくらいできています。
先日蒔いたナバナが発芽しています、春先の楽しみです。
先日蒔いたナバナが発芽
【ナバナが発芽】
これは、芽キャベツの様子です。
鈴なりですが・・・これが結球していくのでしょうか?
芽キャベツゴロゴロ
【芽キャベツ】このまま放っておいていいのでしょうか?
ターサイは随分大きくなりました。
ターサイ
【ターサイ】
畑も徐々に残渣処理が進み、少しずつ綺麗になって行っています。
ゴーヤの残渣処理が終わった
ここは、ゴーヤの跡地。豆類を育てる予定です。

種の播種間違い??夕暮れの播種は危ない!

秋の日はつるべ落とし、あっという間に暗くなってしまいます。
仕事を終わり車を飛ばし、畑へ。
今まで1時間作業ができていたのが・・・もう30分しかできません。
通う意味もなく、最近は台地の畑から遠のいています。
先日のアクシデントで、ヘッドライトを購入!
これがあれば大丈夫。。
遅かりしですが・・・・
ちょっとした明かりが欲しい時、いいですね~。
ヘッドライト
【ヘッドライト】
実は、蒔いたはずの種がまかれておらず、他の種をまいていました!
この明るさがあれば失敗はありません!

今日は柿(富有柿)を収穫してきました。
富有柿
【富有柿】
そして、大根の間引きも・・・・
大根の間引き
【大根の間引き】
もうかなり大きくなっています。
来週から寒さがくるようですが・・・これで害虫がいなくなってくれたらいいですね。
早く大きくなっておくれ!

初お目見え

今日はアメリカ大統領、トランプ氏が初お目見えでしたね。
いい日和でゴルフ外交も上手くいったようで・・・・
お昼はバーガーだったそうで・・・
いや~、偶然! 私もお昼はバーガーでしたよ。
そして、又私の畑にも初お目見えがありました。
この季節になると毎年やってくる渡り鳥の「ジョウビタキ」 (11月5日)です。
ヒタキというくらいですので、火打ち石を打っているような鳴き声、と言われていますが・・
私にはキッツ、キッツとしか聞こえません!
写真は撮っていませんが人懐っこく、人の近くまで来て、作業でほじくり返された土の中から虫を拾います。だから人にくっ付いてくるのでしょうね。
今日は、初お目見えで私にくっ付いてくるといったことはありませんでした。
先ずはなわばりの確保でしょうか・・・・

今日の作業は、昨日購入の「白菜苗」の定植、播種の数々(サラダ春菊、大葉春菊、チンゲンサイなどです。
11月5日の播種
【今日播種予定】
バッタ
【バッタ】
マルハナバチ
【マルハナバチ】
この季節は、この辺りの人は稲の収穫で忙しく、殆ど畑で仕事をしている人はいません。
もっとも畑は耕作放棄地が多く、この台地も○○食品に蕎麦畑として貸している人がほとんどです。
畑を荒らすよりいいのですが・・・
「ジョウビタキ」も私の畑に来て安心しているかもしれません。
蕎麦畑には、餌はありませんから・・・・
私の畑は、まだまだ昆虫がいっぱいです。。
辺りの蕎麦畑の様子
【辺りの蕎麦畑と耕作放棄地】
白菜の定植
【手前は白菜、奥は大根第2弾】
博多カブ
【博多カブ】
博多カブ、どうも変です。
昨年の博多カブ、小さい時から丸くなっていましたが・・・
細長いカブってあるのでしょうか?
おかしい?
HCで購入したカブの種なのですが・・・

穏やかな日和でした

お天気が良く、やることも多い1日でした。
果樹の剪定やら、播種などで大忙しでした。
以前播種した白菜は、虫食いで悲惨な目に合わせました。
HCに白菜の苗がありましたので・・・
4株程購入しました。
ちょっと控えめですが、初めての栽培なので尻込みしています。
この白菜の苗は明日(5日)に植えることにします。
白菜苗を購入
【白菜苗を購入】
今日は、予てから用意していた畝にナバナを播種しました。
やっと、播種できホットしています。
毎年のことですが・・・・
ナバナだけは欠かせません。
葉物野菜がない時に、ナバナはありがたいですよね~。
ナバナ種

ナバナの播種
【やっとナバナの播種ができました】
ニンニクが芽を出しました
【ニンニクが芽をだしました】
畑のニンニクは、一斉に芽をだしてきました。
寒さに向かう時期に、畑が賑やかになるのは嬉しいですね~。
渋柿が稔っています
【渋柿が熟れてきました】(柿の木の隙間から、下方の田園風景が見えます。もう稲刈りは終わったようです。)
畑北側法面には、渋柿がありますが・・・・段々と熟れてきました。
熊本はいつまでも暖かいので・・・私は12月に、ぐっと冷え込むようになってから収穫することにしています。
この辺りでは私が一番遅いです。
寒さが来てからでないといい干し柿はできません。
毎年の事です。

明日は、白菜の定植とサラダ春菊の播種など予定しています。
そうそう、豆類の畝も準備しなくてはなりません!
(有言実行です)


西法面の草刈り

台風も通過していき、午後から良い天気になりましたので、西側法面の草刈りです。
写真上方向が西側です。
(アッ!北側が残っていました)
お隣の階段から撮影
【東隣の工場の階段から撮影】
赤線で囲んだところが私の畑です、南側が範囲に入っていませんが・・・
お隣が(上側)耕作放棄地になっていますので・・・・巻き込まれないようにしないといけません!
お隣の畑をみると、雑草の中に木が?たぶん鳥が種を運んできたのでしょう。
こうやって耕作放棄地は雑木林になって行くんでしょうね。
怖いことです。
私の畑は夏の間の作物の残渣を処理していませんので・・・
これからの作業で、頭の痛いところです。
畑は広いので、秋冬野菜を植えるところはあるのですが・・・
残渣の処理は、毎日コツコツしかありません。
台風も去り、月曜からはお天気に恵まれるようですから、少しは進むでしょう。。。。

自宅ベランダでは、先日小雨の中を一部収穫した大納言が干しあがっていました。
大納言の天日干し
これもまた、収穫が待っています。。
日々コツコツ、修行僧のようです!

秋の日は釣瓶落とし、急ぎ足で畑観察

仕事が終わって30分、車を飛ばすと、畑に到着。
やっと観察できる明るさがあるくらいです。
ついつい、急ぎ足になってしまいます。
陽が落ちるのが早すぎです。

先日(22日)に定植した玉ねぎを観たかったのと、大根が心配だったのです。
案の定、大根はネットの中で害虫にやられていました。
もう、仕方無いとネットを外し、スミチオンを撒いてきました。
根菜を食べる大根だから、問題ないでしょう。(葉は食べないこととし)
明日、明後日は雨の予報だし、薬散布した後しばらく天気ならOKでしょう。
大根の様子
【27日大根の様子】
玉ねぎ
【22日に定植した玉ねぎ】中晩生
ジャガイモの様子
【ジャガイモの様子】デジマ
らっきょうの様子2
【ラッキョウの様子】
朝顔
【畑の花】
今日も一日が終わりました、明日も佳き日でありますように!!


驚きです!!(大納言が発芽)

長雨が続いていますね、更に追い打ちを掛けるように台風が接近。
熊本は台風免れることができましたが、関東方面の方、くれぐれもご注意ください。

こんなことがあるのですね。
伯父が“こんなに長雨が続いていると、大納言は鞘の中で発芽するよ”なんていうのです。
小雨の止むのを待って、合羽を着て収穫です。
もう何日雨が続いているでしょうか?
伯父は雨が降る前にすでに収穫したといっていました。
自然とは、まったく油断がならない。
美味しいものを作るのはつくづく骨の折れることですね!
写真を撮って観ると、伯父が言っていた通り発芽しています。
大納言が鞘の中で発芽
【大納言が莢の中で発芽】
油断していたらせっかくの大納言が収穫のないところでした。
自宅に持って帰りベランダで乾燥することにします。
大納言
【大納言熟れているところだけ収穫】
畑も久しぶりの事で、とんでもないことになっていました。
ネットをして栽培していた白菜、もう骨ばかりになっています。
足しげく畑に通わなければなりませんね~。
私の管理不足です。

大根もネットをしているからと安心しているとこの通りです。
虫はいったいどこから入るのでしょうか?
虫を追い払いましたが・・・・
同じネットだとネットに卵を産んでいるかもしれないと思い、別のネットを掛けてきました。
大根
【大根22日の様子】
本当に手がかかりますね~。
写真がないですが、元気なのはパクチーぐらいです。
白菜はこの通り・・・救いようがありません!
白菜
【白菜22日の様子】
ニンニクは、ジャンボだけが発芽しています。
ネットを掛けているのは、昨年発芽したニンニクの芽がオンブバッタに喰いちぎられていましたので、予防のためです。
全く、手がかかります。
ニンニク
【ジャンボニンニク】
ターサイに春菊、カブは無事でした。
あんなに待っていたホウレンソウ、やっと発芽しました。
ほうれん草
【ホウレンソウの発芽】
一番上手くいっているのは芽キャベツでしょうか。畑のジッチさんが下から10c位芽欠きされていましたので芽欠きしました。
何か、小さなコブが見える気がします????これが、芽キャベツ!?
初めての栽培ですので、疑問だらけです。。
芽キャベツ
無事に育ちますように!

「鶯豆の羊羹」「大納言の羊羹」を作る

随分雨が続いている熊本です。
近くの畑なら、雨の中収穫をしたりもできますが・・・
遠い畑では、ままならず、ただ妄想をしています。
随分野菜は大きくなっているだろうなー。とか、草も大きくなっているだろうと・・・
大納言も大きくなっているかな~。

雨で畑に通えませんので・・・・
自宅で収穫出来た豆(鶯豆、大納言)で羊羹をつくりました。
どれも、豆が手に入りにくいので自分で栽培するしかありません。
鶯豆は、今年の収穫。
鶯豆(エンドウ豆)は、豆ごはんもおいしいですが、乾燥した豆で、煮豆や羊羹もおいしいですね。
大納言は昨年不作でしたので、一昨年の大納言です。
まだ、大納言はいい豆の香りがあります、これもおいしい豆です。
保存は冷蔵庫でしています。
豆類は鞘にいる時から虫がいるといいますから、豆類だけは冷蔵庫を占有しますが、冷蔵庫保存です。
豆類は収穫後すぐ冷蔵庫に入れることにしています。
いったん冷蔵庫で一定期間冷やしたならビンなどでの保存のいいかもしれませんね。
ということで、うちの豆は健康です。
羊羹作りは一昨日から2日掛かりです。
一昨日に餡をつくり、今日は羊羹作りです。
寒天材料
【鶯豆のこし餡・煮豆】
羊羹は母方の祖母がよく私のために作ってくれていました、ですから見よう見まねでやっています。祖母は練りをしっかりしていました。その「小豆の羊羹」の味は老舗の羊羹屋のもものように美味しかったのを覚えています。
舌が覚えているといったところでしょうか。
母の羊羹とは又味が違いどうして母の羊羹は・・・と、幼い時には思っていました。
自分が作るようになり、祖母がやっていたことを思い出すようになりました。
幼い時の記憶も凄いものですね。
それで、羊羹は祖母の味です。
【鶯豆の羊羹材料】
 うぐいす餡・・・・・・600g
 粉寒天・・・・・・・・・・・5g
 水・・・・・・・・・・・・・160g
【小豆の羊羹材料】
 大納言のこし餡・・400g
 水・・・・・・・・・・・・・50ml
 はちみつ・・・・・・・・大1
 粉寒天・・・・・・・・・・4g
 水・・・・・・・・・・・・・50ml
型に流し込む
今日はひとまず冷蔵庫でベンチタイムです。

今日もあの映画「リトルフォレスト」を思い出してしまいました。(理想ですね)

羊羹
【出来上がり】

お天気ですが、なかなか捗らず・・・・

3連休、お天気で畑仕事も進むかと思いきや・・草が目に飛び込んできます。
直ぐに予定が変わってしまいます。
まだまだ暑い熊本です。

今日は、気温も高く、30度。
畑仕事には酷です。
夏の日差しはないものの、日中は仕事が出来ません。
おまけに、お天気が良く畑はカラカラに乾燥。
大根も随分大きくなりました。
接近して大根を撮影
【接写して大根を撮りました】
芽キャベツ、大きくなったので一回り大きめのネットに交換。
楽しみです。
多きくなった芽キャベツ
【大きくなった芽キャベツ】
白菜も少し大きくなりました。
少し大きくなった白菜
【白菜の様子】
今日は試し掘りで、里芋を掘りました。
ちょっとはやかったかな????
里芋をほってみるか?
【里芋を掘ってみるかな】
試し掘りの里芋
【1株ですが少量です】
丹波黒豆も1株だけ、試しに収穫。
丹波黒豆を収穫
【丹波黒豆お試しで1株収穫】
比較に傍にみかんをおいていますが・・・・
豆の鞘のサイズは大きいですね~。
未だ、実が大きくなりそうです。
ちょっと早かったですね。
でも、今日はビールのつまみに「丹波黒豆の枝豆」です。
安心安全野菜です。
もう一つ
安心安全野菜、
「バジル」。
きのうバジルを収穫
【虫食いのバジルの葉】
昨日収穫していました。
畑にバッタが多くバジルの葉を随分喰っています。
バジルの綺麗なところだけ
【バジルの葉、綺麗なところだけ】
綺麗なところだけを使って「ジェノベーゼソース」を作りました。
ジェノベーゼソース材料
【ソースの材料】オリーブオイル、ニンニク、カシューナッツ、塩。ニンニクは今年家で採れたものです。
ジェノベーゼソース完成
【完成品】
今年はバジル栽培に失敗し、ほんの少しだけ例年の1/10もありません。
暫くはこの、ソースでパスタが楽しめそうです。

昨日の収穫物
こんなものも畑では収穫できています。
害虫から災難を逃れているようです。。

10月になりました

昨日は、雨の一日でした。
今、少しずつ播種しているところです。
28日の夕方播種した博多カブ、1日に発芽していました。
3日で発芽!早い~~。
カブの発芽
【カブの発芽】
白菜は随分時間がかかって発芽してきました。
白菜の発芽
【白菜の様子】
大根は随分大きくなりました。
大根の様子
【大根の様子】
ネット越しに写真を撮ったりしていますが・・・・
ネットを外しても良かったかな?
あんなに完璧に塞いでいたはずのネットだったり不織布のトンネル、中に蛾がいたり・・・
どこからはいったんでしょう・・・不思議です。
播種後はこまめに畑に通うしかありませんね!
大事な時ですから。。。



実家の庭、”こち吹かばにおいおこせよ金木犀の花、主なしとて秋名忘れそ”
金木犀の香りが辺り一面漂っています。
金木犀の香り
【金木犀の花】
そして、彼岸花・・・
彼岸花(黄)
【彼岸花】
更に、帰りにスダチを収穫しました。
酢橘の収穫
【酢橘】裏年です、例年の1割もありません。

清水山へ

久しぶりに登山、いやお散歩です。
熊本と福岡の県境位にある清水山です。
標高350mの低い山です。
トレイルランしている人もいて、ビックリして眺めているagriotomeです。
途中清水寺もあり、寄り道しながらの登山です。
登山口
三門へ
清水寺案内
山門
清水寺
萩の花
有明海をのぞむ
遊歩道が整備してあり、ひんやりとした木陰の中を進んでいけるので登山するには良いところです。
今日はとても快適な気温でした。
途中萩の花も咲いていていたり、アケビが木に絡まっているのを観たり。。。
始まったばかりの秋です。
眼下には有明海が見えるはずですが、頂上まで行き着いていませんので、
どうも見えないようです。


不思議なことがあるものです。
7月1日に収穫した真桑瓜、その時、収穫時期を過ぎ溶けていたものがありましたので、土手に捨てていました。
ところが、最近花が咲き実がつきはじめました。
6個ほどの大きな実が着いていました。
1個もいでみました。
9月28日に収穫
【9月28日】
真桑瓜第2弾
【マクワ瓜第二弾】
いや、変わらず甘くおいしいではありませんか。
こんなこともあるのですね~。
これを真桑瓜の二期作というのでしょうか?
ビックリです。
ちょっと得した気分です。

遅々として進まず

今日の熊本は雨天でした。
たっぷりの水を台地も含んでいることでしょう。。。
明日朝方までは雨が残るようですが、その後は晴れの天気。
夕方に播種できればと思っています。
明日予定の播種は、「パクチー」と「博多かぶ」です。
有言実行と行きたいところです。
パクチーと博多かぶ
【パクチー・博多かぶ】
畝は作ってありますので、播種時期を待っているところでした。
パクチーは沢山種がありますので沢山作ります。
不思議とパクチーには害虫も来ません。
強烈なにおいに虫たちも恐れているのか?

下は先日から作っています「栗の渋皮煮」の画像です。
2日かかりました。
美味しいものを作るには手間がかかります。
因みに、赤ワインを入れた渋皮煮です。
重層で2、3回茹でます。
その後、栗の渋皮の表面を綺麗にします。
重層の臭みを取るため1度お湯で茹でたほうがいいです。
そして、茹で汁は捨ててしまい、砂糖、赤ワイン、少量の水で煮詰めます。
仕上がりはシロップにひたひたに漬かるくらいがいいですが・・・
栗の渋皮煮2
【栗の渋皮煮】
さあ召し上がれ!
【さぁ、召し上がれ!】

秋の1日、頑張りました!

今日は、熊本にしては気温が少し低くなり、頑張れました。
ニンニクの植え付けができました。
ニンニクは3種類の種、どうにか以前から用意していた畝で足りました。
ニンニク植え付け
【ニンニク植え付け】
先週蒔いた大根の種、発芽していました。
大根の発芽
【大根の発芽】
白菜は発芽率が悪く、今日再播種してきました。
良かったり悪かったりです。
これが常です。
芽キャベツ、3株購入し1株になってしまいましたが、元気です。
芽キャベツ
【芽キャベツ】
今日は、ブラックベリーの誘引やベリーの中の草取りをし疲労困憊です。
酢橘を収穫して帰りたかったのですが、タイムアウトです。
日暮れが早いです。

夜は、季節の栗で、渋皮煮を作っています。(2日掛かりで仕上げます)
上手くできるかな?
栗の実
【栗の実】

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

agriotome

Author:agriotome
乙女台地に育った私。素材を引き出す加工品を作っていますが、自分で育てた安心なものを素材にしたいと農業にチャレンジしました。
今年は農業4年目ですが、毎年が初心者で頑張ります。

タグ、本文切り替えサーチ
 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR